HOME
ワークショップ
ワークショップテーマ
> テーマ2 モノと遊ぶ

ワークショップ

テーマ2 モノと遊ぶ

テーマ2 モノと遊ぶ

身の回りにある『モノ』。
輪ゴムやスポンジ、紙、電気、そして食べ物まで。。。

まずはそのモノになってみます。
例えば紙。
段ボール、トイレットペーパー、コピー用紙、新聞紙などいっぱい種類がありますね。
1人で表現できるのか?
もっと人が欲しいな、と思ったら何人かでやってみます。
強さ、軽さはどうあらわそう?

『モノ』を触り、観察しながら自由に発想を広げていくと自然にキャラクターや役割、芝居が生まれていきます。

テーマの対象者、おすすめ

ひとつの方向にとらわれず、視点を変えたい方にお勧め

ワークショップの流れ

1日目【入門】

「モノ」。日常にある様々なモノを身体で体験します。
紙、ガラス、ゴム、スポンジ、コーヒーや砂糖まで。。。
これらのものを1つずつ丁寧に観察するところから始めます。
新聞紙を丸めたらどのようなリズムで広がるのか、この流れを身体で表現してみます。
そこに感情をのせてみます。新聞紙1つの動きから人間の感情の流れやキャラクターまで表現として使うことができます。
このように、いろいろなモノを体験し、ラストはモノ同士が感情をもって動くとどうなるのか、戦うとどうなるのか、などシチュエーションで遊んでみます。

2日目【応用】

1日目の入門編を活かし創作をしていきます。

テーマの説明

「テーマ2 モノと遊ぶ」は基礎コースの中の一つのテーマです。
基礎コースは、全部で4つのテーマで構成されています。
基礎コースを終了した方は、実践コースへ進むことが出来ます。
コースに関する詳しい内容はこちら

カリキュラムの時間と価格

【入門】・【応用】ともに各1日4時間で行います。(休憩時間を除く)
料金は【入門】・【応用】2カリキュラムで5.000円となります。
また、【入門】のみを受講することもできますその場合は3000円になります。
※【応用】は【入門】を受けた人のみのカリキュラムとなるため【応用】だけを単発で受講することはできません。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ スケジュールへ進む